松岡なつき「FLESH&BLOOD 5」

徳間書店キャラ文庫松岡なつきさんの「FLESH & BLOOD〈5〉 (キャラ文庫)」です。イラストは雪舟薫さんです。

FLESH & BLOOD〈5〉 (キャラ文庫)【 あらすじ 】
エリザベス女王の晩餐の席で、マニング主教毒殺の嫌疑をかけられた海斗。ジェフリーの必死の抗弁も空しく、海斗は牢獄送りになってしまう。「なんとしても、カイトへの拷問を止めさせる!!」ジェフリーは、海斗の無実を証明すべく、ナイジェルとともに主教の教区ウィンチェスターへと急ぎ旅立つ。けれど、彼らに与えられた期限は四日間のみ―。海斗の生死を懸けた、緊迫の第5巻。

松岡なつき「FLESH & BLOOD 5 (キャラ文庫)」 詳細はこちら

松岡なつき「FLESH&BLOOD 5」感想

超面白いよ!! どうしよう、私が!!
はまりすぎ!!

この巻では、海斗が毒殺疑惑で監獄送りになってしまいます。
それを助けようと奮闘するジェフリーとナイジェルに惚れます!!

ジェフリー!! ナイジェルー!! 惚れる!!

この二人は本当に海斗が好きなんですね。お互いに海斗が好きであることを語るところは…美しき友情が……!!!!
このシーンのカラーイラストもよかった!! 素敵だ(*´∇`*)

海斗を助けるために奔走するジェフリー。
海斗への愛を感じてニヤニヤしてしまいます(≧▽≦)

初めはナンパ男みたいだったのに、変わるものですね★
結局裁判になるのですが、裁判の状況もかなり詳しく描かれていて、そういう背景がしっかり書かれているのが好きな私としては大満足でした。

海斗を拷問した看守に仕返しをしようとたくらむジェフリーとナイジェルが微笑ましい?です(笑)

そして、この巻はとうとう海斗がジェフリーへ愛の告白をします!
そういう意味ではすっきりする巻ですが、色々と痛い描写もあり、海斗にとっては波乱万丈の巻です。

面白かった度:★★★★★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


*