英田サキ「NGだらけの恋なんて」

プラチナ文庫の英田サキさんの「NGだらけの恋なんて (プラチナ文庫)」です。イラストはかすみ涼和さんです。

【あらすじ】
人気コミックス原作の連ドラ主演に大抜擢された、売れない俳優の木津。しかしその原作者は、高校時代の同級生・矢部だった!超売れっ子漫画家で、おまけにかなり歪んだ性格の矢部が、抜擢の代わりにと持ちかけた条件は「黙って俺に服従すること」!?困惑する木津は即座に押し倒され、身体中弄り回されて初めての快感に喘ぐハメに!その後も恥ずかしいセクハラをされる木津だったが、いつしか、矢部の腕に抱かれると安堵する自分に気がついて…。

英田サキ「NGだらけの恋なんて」感想

英田サキさんの商業誌一冊目の小説です。私としては、商業誌二冊目に読んだものです。

…文庫は本当にノーチェックだったので、気付くのが人より遅くて……何だかブーム?に出遅れたようなかんじです。
先日J庭で同人誌を購入したのですが、昨日また同人誌を整理していて何気にペーパーを見てみたら、なんと「夜が蘇る」は商業で発売されるんですね?。
知らなかった…orz
(目が節穴すぎるよ、私…)

エス2ばかりに気を取られていて、ちっとも気付かなかったのも超不覚なんですが……。
今年は文庫もチェックしようと思いました…よ…。
じゃないと、こうやって好きなのに気付かない間にいい本が出ていたら、ちょっと残念ですもんね~。
でもそうすると金銭的にBLにかけるお金が大変なことになりますね?。大変だな?(←ちょっと他人事)。

文庫のあらすじが、結構そのとおりなので、今回は自分的あらすじをつけるのはやめておきます。
やりすぎるとネタばれになっちゃうんですよね~。
感想も難しいなと思いますよ、本当。

矢部は初めは結構歪んでる性格をしているな?と思ったのですが、矢部が木津をちゃんと好きなんだとわかる描写とかはよかったと思います。
木津が矢部に惹かれていくところなどは、とてもよかったと思います。
最後に矢部視点の話がついてきて、何だかお得な気がしました。
攻め視点の話というのは、ちょっとついてきてくれると楽しめるかなと思います♪

全部が攻め視点だと、私は萌えられないので、ちょっとだけというのがよかったです。

ラブ度はちょっと低い気がしますが、まあこの方だとこれくらいかなと思ったり。

お話はテンポがよくて、楽しく読めました(*´∇`*)

面白かった度:★★★★☆

3件のコメント

  1. NGだらけの恋なんて

    「NGだらけの恋なんて」 英田サキ/かすみ涼和 プラチナ文庫【Story】Amazon.co.jpより人気コミックス原作の連ドラ主演に大抜擢された、売れない俳優…

  2. 最近気になっている作家さんです。
    初めて読んだのは同タイトルで、あらすじ買いしました。
    名前を意識したのは、その後購入した
    激しすぎる愛情?だったかな(こちらはジャケ買い)で。
    2冊目を読み終えた後、巻末の紹介で知ったのですが
    両方ともとても良いお話でした。^^
    ところで
    両作品とも終盤で、どちらかが大きな怪我をする
    山場があるのですが、コレって作風でしょうか?
    ちょっと気になったのでコメントです。^^

  3. こんにちわ♪
    私はこの作家さんは、ネット小説を書かれているころから日参していたサイトだったので、プロになって嬉しいな?と思ってます★
    >両作品とも終盤で、どちらかが大きな怪我をする
    >山場があるのですが、コレって作風でしょうか?
    たまたま、商業のやつは怪我を負っているだけで、商業展開してない作品だと、普通に?怪我をしない展開もあったかと思いますが……言われてみれば、結構山場は怪我しているような気がしますね(笑)。
    傷を負った姿に萌えってことですかね?(笑)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


*