2013年12月第一回目の購入履歴

BL読書家をやめたわけじゃないのですが、本当に読むのが遅くなりました。
そして、一度読み終わると何度も読み返すという癖が出てきてしまい、なかなか次を読めません(^^;)

今回は、新作(?)ばかりを購入しました。

同時期に買った古本も近々大量に届くと思うんだけど、部屋から紙の本を追い出したいと掃除をしているはずなのに、収集してまた増やしてる・・・。

困ったもんですね(^^;)

2013年12月第一回目の購入履歴

囀る鳥は羽ばたかない 2

ヨネダコウ「囀る鳥は羽ばたかない2」

真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると次第に百目鬼の矢代への想いも変化し、それを自覚していく。そんなとき、矢代が何者かに狙われる。

J庭35に行ったときに既に発売していたのですが、そのときは他の戦利品もあるし重いし・・・ということで、後日購入しようと思っていたところ・・・延ばし延ばしになってやっと注文しました。

これを読むには、先に1巻を読み返さないとなりません。
記憶力が少ないので、もう忘れています(^^;)

囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

バグ

夜光花「バグ」イラスト:湖水きよ

夥しい血の跡だけを残した遺体無き連続殺人事件──その真犯人は、人を食らう『蟲(むし)』だった!? 謎の事件を追う警視庁捜査一課の刑事・飛留間七生(ひるまななみ)が出逢ったのは、特別捜査官の水雲(もずく)。エリート然とした態度とは裏腹に、なんと水雲は日本刀を繰り蟲を退治する使命を帯びた異能力者!! 七生の隠された能力をも見抜いた水雲は、驚く七生に「俺と共に闘ってくれ」と迫ってきて!?

夜光さんの作品は、どれもちょっと変わった展開で読みごたえがあるので、デビュー作から気に入っている作家さんの一人です。

そんなわけで作家さん買い。

あらすじだけでも、ちょっと変わったストーリー展開が期待できるかなと思って、読むのが楽しみです♪

バグ (キャラ文庫)

その指さえも

崎谷はるひ「その指さえも」イラスト:ヤマダサクラコ

華やかな容姿と人あたりのよさで世を渡ってきた水江律は、友人の紹介で居酒屋のバイトに入ることに。その店「韋駄天」の店長代理は律と同じく大学生バイトの中垣遼太郎。初対面の自分に対し無愛想で厳しい中垣に反感を抱く律だったが、ぶっきらぼうな中に時折やわらかな笑顔を見せる彼に次第に惹かれて…?未収録短編を加えた待望の新装版!!

プラチナ文庫からの焼き直しです。

ここ1年ほど、今まで苦手でしかたなかった崎谷さんが読めるようになってから、過去作品を少しずつ集めています。

これはまだ未読だったので、ウキウキ購入。

まだ小冊子の応募をしていないので、これで出来れば年内には申し込みたい!

崎谷さんは、たくさん小冊子が過去にありましたよね。
わたし・・・今頃読み始めたので、今になって過去の作品を読み始めたことで、それが・・・集めたくてしかたなくなりました。

小冊子は中古は高いですからね~。
辛抱たまらなくなったら買っちゃいそうですが、今はぐっとこらえています(笑)。

その指さえも (幻冬舎ルチル文庫)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


*